Tag Archive » 引退

プルシェンコがショートプログラムを棄権、引退

ソチ・オリンピックのフィギュアスケート男子で、メダル候補とみられていたロシアのエフゲニー・プルシェンコ選手が13日、ショートプログラム(SP)で演技を行わずに棄権し、現役から引退する意向を表明しました。

エフゲニー・ヴィクトロヴィチ・プルシェンコは、1982年11月3日生まれ。4歳の時にフィギュアスケートを習い始め、7歳のときサマーラで行われた全ソビエト規模のノービス競技会クリスタルスケートで初優勝。1998年世界選手権では、15歳にして3位表彰台にのぼり、史上最年少メダリストとなりました。1999年の世界選手権では銀メダル、2001年、2003年、2004年の世界選手権で金メダル。
グランプリファイナルでは、2000年と2001年、2003年、2005年に金メダル。2002年と2004年は銀メダル。
オリンピックでは2002年のソルトレイク・男子シングルで銀メダル、2006年トリノの男子シングルで金メダル、2010年のバンクーバー男子シングルで銀メダル。そして今回、ソチの団体で金メダルを獲得しました。

しかし、団体戦後の練習中に腰を痛め、自ら審判に棄権を申し出たと言う事です。プルシェンコ選手は2013年に、以前から痛めていた腰椎の椎間板を人工の代替品と取り替える置換手術を受けていました。