Daily Archive » 14 10月 2018

ソユーズ、打ち上げ失敗

 日本時間の今月11日、宇宙飛行士二人を乗せたロシアのロケット「ソユーズ」が打ち上げに失敗しました。

 詳しい状況は不明ですが、ソユーズは墜落したものと思われます。登場していた宇宙飛行士は緊急脱出装置が作動、無事だったと言う事です。

 ソユーズは旧ソ連時代の1966年に導入され、打ち上げコストの安さと信頼性の高さから、有人無人合わせて約1800回ほど打ち上げられており、世界で最も打ち上げ回数の多いロケットとなっています。国際宇宙ステーション(ISS)が建設された後は、アメリカのスペ-スシャトルと共にISSへ人員を輸送する任務を負っていました。しかし、スペースシャトル退役以降、ISSへ人員を輸送する唯一の手段となっています。

 ロシア通信等の報道によると、ロシアのボリソフ副首相は、事故原因の分析が終わるまで打ち上げは見合わせると語ったそうです。ISSへの唯一の人員輸送手段が一時的とは言え無くなることで、今後ISSが無人化する可能性が出てきました。

 と言うのも、ISSは6人が滞在し、半分が半年ごとに交代するローテーションが組まれています。宇宙空間に長期滞在すると筋力や骨が衰えたり、放射線による影響があるためです。

 今回の打ち上げで2人をISSへ送り、現在滞在している3人が12月に帰還する予定で、それまでに打ち上げが出来ない場合はISSに誰も滞在しない状態となってしまうからです。