ロボット、2台目も回収断念

 東京電力の20日発表によると、福島第1原子力発電所1号機の格納容器に投入した2台目のロボットの回収を断念するそうです。

 回収に使う監視カメラが放射線の影響で壊れたためで、ロボットは壊れておらず、現在も格納容器内で放射線の測定を続けています。東電は「今後の調査には支障がない」としています。

 東電によると、監視カメラは電源が入った状態で放射線に10時間程度耐えられる設計で、15日に配管からロボットと一緒に投入されました。しかし、電子部品が放射線の影響を受けて壊れたとみられ、18日に電源が入らないことが判明。
 ロボットはヘビ形で、配管を通って格納容器内に入った後は、コの字形に変形して調査していました。回収するには再度ヘビ形に変える必要があり、配管付近のカメラで確認する予定でしたが、カメラの故障で回収できなくなってしまいました。

 ロボットは配管から数メートル離れた場所に放置する予定。1号機の格納容器では、10日に投入した1台目のロボットが金網の隙間にはまり、放置されている。

Categories: 事故と災害