Blog

スパコンの京、8月で運用停止

 神戸市の理化学研究所計算科学研究機構に設置されているスーパーコンピューターの「京」が、今年8月で運用を停止するそうです。

 京は理化学研究所と富士通が総額1120億円の開発費を投じ、共同開発して2012年6月に完成させたスーパーコンピューターです。2011年11月にスーパーコンピューターの性能ランキングであるGraph500で1位に輝き、その後も2014年、2015年の7月と11月、2016年の7月と11月、2017年の6月と11月、2018年の6月と11月の8期連続1位となっていました。

 また、別のスーパーコンピューターランキングであるHPCチャレンジ賞クラス1も、2011年から2014年まで連続で受賞。2013年は同賞のクラス2も日本勢として初めて受賞。ゴードン・ベル賞も2011年と2012年に受賞するなど、数々の功績を残しました。

 しかし、2014年に最大で京の100倍の性能を持つ後継機の開発方針が決定。2018年には、政府が2021年~2022年の運用開始を目指した後継機の製造計画を承認。京は今年8月で運用を停止、撤去されることになったものです。

 スーパーコンピューターも競争が激しく、特に中国が追い上げています。1000億円かけて、スパコン性能ランキング1位を取ったスパコンも、7年で世代交代するほど。だからこそ、一歩でも立ち止まれば、あっという間に置いて行かれてしまいます。

ソユーズ、打ち上げ失敗

 日本時間の今月11日、宇宙飛行士二人を乗せたロシアのロケット「ソユーズ」が打ち上げに失敗しました。

 詳しい状況は不明ですが、ソユーズは墜落したものと思われます。登場していた宇宙飛行士は緊急脱出装置が作動、無事だったと言う事です。

 ソユーズは旧ソ連時代の1966年に導入され、打ち上げコストの安さと信頼性の高さから、有人無人合わせて約1800回ほど打ち上げられており、世界で最も打ち上げ回数の多いロケットとなっています。国際宇宙ステーション(ISS)が建設された後は、アメリカのスペ-スシャトルと共にISSへ人員を輸送する任務を負っていました。しかし、スペースシャトル退役以降、ISSへ人員を輸送する唯一の手段となっています。

 ロシア通信等の報道によると、ロシアのボリソフ副首相は、事故原因の分析が終わるまで打ち上げは見合わせると語ったそうです。ISSへの唯一の人員輸送手段が一時的とは言え無くなることで、今後ISSが無人化する可能性が出てきました。

 と言うのも、ISSは6人が滞在し、半分が半年ごとに交代するローテーションが組まれています。宇宙空間に長期滞在すると筋力や骨が衰えたり、放射線による影響があるためです。

 今回の打ち上げで2人をISSへ送り、現在滞在している3人が12月に帰還する予定で、それまでに打ち上げが出来ない場合はISSに誰も滞在しない状態となってしまうからです。

東京オリンピック、リサイクル・メダルがピンチ

 東京で2020年に開催されるオリンピック及びパラリンピックで、リサイクル原料でメダルを製造する計画が進んでいないそうです。

 東京オリンピック・パラリンピックでは、合わせて約5000個のメダルが必要で、そのためには42キログラムの金、5300キログラムの銀、2700キログラムの銅が必要です。

 大会組織委員会は、昨年4月から家電やパソコン、携帯電話などから回収した金属でメダルを作る「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を開始。全国の郵便局やドコモショップ、自治体に小型家電の回収ボックスを設置、改修した家電から金銀銅を取り出していますが、銅以外は圧倒的に足りていないと言う事です。

 特に、金メダルと銀メダルの材料となる銀が足りておらず、このままではプロジェクトが達成できない恐れがあり、今後は家電量販店にも回収ボックスの設置を依頼して協力を呼びかけるとしています。

 これは、広報が不足しているんじゃないでしょうか?。そう言う話を聞いた覚えはありますが、一体いつ何処でやってるのかは知りませんでした。もっと広報に力を入れて、著名人でも使ったキャンペーンを展開した方がいいですね。それくらいしないと間に合わない。